SkyLink Japan

Official Web Shop

Inspire 1 ダウンロード

シリーズ名称の違い

Inspire 1シリーズは、カメラを何をつけるかで仕様が異なります。
それぞれ、「機体プラスカメラの名称」に合致したファームウェアに対応します。

カメラの種類 カメラの画像 機体プラスカメラの名称 ダウンロードページ
Zenmuse X3 Inpsire 1 当ページ
Zenmuse X5 Inpsire 1 Pro 準備中
Zenmuse X5R Inpsire 1 Raw 準備中

マニュアル類

DJI製品を始めてお使いの方は特に、これらのマニュアル類を、ご利用前に必ずお読みください。

名称 バージョン ダウンロード ブラウザ表示 データ容量
ユーザーマニュアル(日本語) v1.0
2015-02-05

13.1MB
クイックスタートガイド(日本語) v2.2
2016-06-01
21.7MB
免責事項および警告(日本語) v1.0
2015-11-18
1.8MB
インテリジェントフライトバッテリー安全ガイドライン(英語) v1.4
2016-01-04
408KB
Inspire 1 安全ガイドライン(英語) v1.0
2014-12-31
555KB
Inspire 1 保守マニュアル v1.0(英語) v1.0
2015-02-28
103KB
Inspire 1 1345s クィックリリースプロペラクィックスタートガイド(英語) v1.0
2015-03-26
555KB
1345 プロペラロッククィックスタートガイド(英語) v1.0
2015-01-23
363KB

アップデート

機体のファームウェアは、メーカー工場出荷時のバージョンです。
SkyLinkオフィシャルショップでご購入の方は、発送日に最新のファームウェアにアップデートされています。
ファームウェアのバージョンをDJI GOによって確認し、古いファームウェアから順にアップデートを行ってください。

更新日 項目 更新内容 データ 方法
2016-07-07 - ファームウェアアップデート v1.9.1.30
- iOS版 DJI GO アップデート v2.8.4
- Android版 DJI GO アップデート v2.8.2
- ビジョンポジションニングセンサーエラーが起こる特定の機体が存在していたバグを修復。
2016-06-13 - ファームウェアアップデート v1.9.1.10
- iOS版 DJI GO アップデート v2.8.3
- Android版 DJI GO アップデート v2.8.1
- フライト禁止区域の更新 配布終了
2016-04-07 - ファームウェアアップデート v1.8.1.00
- Android版 DJI GO アップデート v2.7.2
- 通信の暗号化セキュリティの改善
- 90日以上放置した場合に充電できなくなる問題を解消
- まれにランディングギアが空中で下がる問題を解消
- カメラの安定性を改善
- ジンバルの設定を最適化

[備考]
- 送信機より先に機体のファームウェアを上げる必要があります
- バッテリーアップデートが含まれます
2016-03-17 - ファームウェアアップデート v1.7.0.90
- iOS版 DJI GO アップデート v2.7.1
- Android版 DJI GO アップデート v2.7.0
- 電源を落とした時に、ジンバルのロール角が記憶されるようになりました
- 電源を入れたときに、ジンバルの角度が揃わない問題を解消
- 映像収録中にデジタルズームができるようになりました。2本の指でピンチすることにより、200%までズームできます。
- D-Log、D-Cinelikeのカラー空間を最適化
配布終了
2016-12-22 - ファームウェアアップデート v1.6.0.40
- iOS版 DJI GO アップデート v2.4.2
- Android版 DJI GO アップデート v2.4.3
- 寒冷環境でのバッテリーの信頼性を改善 配布終了
2016-12-07 - ファームウェアアップデート v1.5.0.30
- iOS版 DJI GO アップデート v2.4.2
- Android版 DJI GO アップデート v2.4.2
- バッテリー残量が変動する問題を解消
- X3がOSMOに装着できるようになりました。(事前にInspire 1でこのアップデートを行う必要があります。OSMOでX3のアップデートはできません)
- インテリジェントフライトモードで、Follow meができるようになりました
- HDR撮影の画質が改善されました
- 映像収録のビットレートが、1080p/60fpsで60Mbpsに、1080p/30fpsで40Mbpsに統合されました。
- DJI GOアプリにより、X3のジンバル制御が可能になりました
- フライトコントローラーのデータが読み取り専用とするセキュリティが強化されました
- ビジョンポジショニングシステムの安定性が改善されました

[備考]
- OSMO用X3ジンバルと違い、Inspire 1用X3(白いX3)は、カメラのスリープとジンバルロックができません
- バッテリーアップデートが含まれます
- 白いX3をOSMOで使用する場合は、最初にジンバル自動キャリブレーションを行ってください
- このファームウェアをOSMOで使わないでください
配布終了
2016-09-07 - ファームウェアアップデート v1.4.0.10 - インテリジェントフライトモードで、ポイントオブインタレスト、ウェイポイントが使えるようになりました
- ジンバルがオーバーヒートしている場合、3分間クールダウンする機能が追加されました
- 自動放電を行った後に、バッテリー残量が狂うバグを治しました
配布終了
2016-08-04 - ファームウェアアップデート v1.3.0 - 機体ファームウェアをダウングレードできるようになりました。
- ビデオエディターで、HD変換オプションが加わりました
- HDR撮影ができるようになりました
- バーストモードで写真撮影ができるようになりました
- レコーディング中に電源を落とすと記録映像が壊れる現象を解消しました
- 輸送モードが改善されました。
- ビジョンポジショニングシステムのON、OFFを切り替えられるようになりました
- フェイルセーフRTHで、即座にその場に着陸するモードが追加されました
- ローバッテリーRTHをするかしないか選べるようになりました
- ジンバルの独自設定が保存されるようになりました
- 映像信号が無い時、DJI GOの画面にDJIのロゴが表示されるようになりました
- モーターに極度の力が加わった場合、自動的に停止する機能が追加されました。
- DJI GOアプリによって、送信機のアップデートができるようになりました
- バッテリー寿命の計算式が最適化されました
- バッテリー保護のメカニズムが改善されました
配布終了
2016-05-26 - ファームウェアアップデート v1.2.1.06 - 残量40%以下の場合に発生していた、バッテリー寿命が狂うバグを修正 配布終了
2016-05-06 - ファームウェアアップデート v1.2.1.03
- iOS版 DJI GO アップデート v1.1.1
- Android版 DJI GO アップデート v1.1.0
- カメラのモアレを削減しました
- YouTubeにライブストリーミングできるようになりました
- DJI Pilot アプリにディレクター機能が追加されました
- 電源を切るときのバッテリー消費を削減しました
- 送信機の電源が急に落ちるバグを解決しました
配布終了
2016-04-14 - ファームウェアアップデート v1.2.1.0
- iOS版 DJI Pilot アップデート v1.0.3
- 飛行中にP-ATTIモードに変わるバグを修正
- 飛行中にジンバルがドリフトするバグを修正
- 場所を変えても安全にテイクオフできるよう修正
- 1.2m以上浮上したところで自動的にランディングギアがアップ、0.8m以下で自動的にランディングギアがダウンするように修正
- フライト禁止区域の設定
- RTHの最中に上下スロットル操作が可能になりました
- 完全放電を促すアラートを追加
- GPSが効かない場合の相対的最高高度を120mに設定
- HDMI出力に対応
- それぞれのファームウェアバージョンを表示するようになりました
- ホームポイントを変更したときに、前のホームポイントからの距離を表示するようになりました
- なぜATTIモードになっているのかをできるだけ表示するようになりました
- RTH中に機体の状態をより多く確認できるようになりました
- カメラがusbポートにつながっている際は、ジンバルが動かないようになりました
- ジンバルキャリブレーションが最適化
- ビジョンポジショニングシステムの安定性が向上
配布終了
2016-02-27 - ファームウェアアップデート v1.2.0.17
- iOS版 DJI GO アップデート v1.0.7
- Android版 DJI GO アップデート v1.0.2
- ビデオダウンリンクの質が向上
- HDMI出力時の機体情報表示が最適化
- マスターとスレーブの接続が強化
配布終了
2016-01-15 - ファームウェアアップデート v1.2.1.
- Android版 DJI Pilot アップデート v1.0.3
- 機体の電源が入れられたときのセルフチェックの質が向上
- IMUキャリブレーションのプロセスの最適化
- コンパスキャリブレーションの質が向上
- 機体のヨー軸動作の最適化
- 自動離陸高度を1.2mに設定
- ホームポイントから20mいないの場合、RTH後自動着陸するようになりました。
配布終了
2016-01-05 - ファームウェアアップデート v1.2.0.14
- Android版 DJI Pilot アップデート v1.0.1
- IMUプログラムが更新され、DJI Pilotアプリで限界高度、限界距離を表示するようになりました
- DJI Pilotアプリでフライトモードの切り替えが可能になりました
- コンパスが異常な値を示す場合、自動的にATTIモードに移行し、コンパスは無視されるようになりました
配布終了

ソフトウェア

名称 バージョン WINDOWS MAC
Dlog to sRGB 3DLUT 2016-05-12
Dlog to sRGB 3DLUT ユーザーマニュアル(英語版) 2016-05-12
Inspire 1/Phantom 3 Transcoding Tool v0.92 WIN v0.92
2015-03-31
MAC v0.92
2015-03-11
DJI DNG クリーナー v1.1
2016-04-10
メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら